読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・全日本ブログ

5年の歳月を忘れたことにしてひっそりと再開

東北楽天の試合で東北人と会う

日曜日。楽天と西武の試合を観戦しに西武ドームへいく。
春先に仙台の祖母が危篤から亡くなる最中に本格的に楽天の応援をすることに決めた。


選手もほとんどわからない、そもそも野球のルールも不明なところがある。
でも野球観戦は面白い。楽天の試合はこれで2回目だ。
プロ野球観戦は子供の頃から数えて、たぶん5回目くらいだと思う。


我々夫婦のすぐそばで応援していたおっさんが初回からハイテンションだった。
ピッチャー岩隈の名前を連呼そして「落ち着け!」とのアドバイスを大声であげている。


そのおっさんの隣に若い男女が座っていた。カップルだと思う。
男の子は楽天のユニフォームを着て立ち上がって応援、女の子は座って観戦していた。


たぶん、野球好きの彼氏に着いてきただけだと思う。
その女の子の横で大騒ぎのおっさん。女の子はおっさんと関わらないようにか、おっさんを見ないようにしている。

ああー、かわいそうだなあの子。
と思っていた。

おっさん、男子、女子。
微妙な空気を感じて、少々ハラハラしていた僕だったが、おっさんが急に座っている女の子を股で挟んだ。

なんと3人は親子だった。
子供の父親無視っぷりがすごくて全くそんな気配がなかった。

ほっとした。


だったらおっさんのデカい応援もいいかと我々も試合に集中する。
前日も友人宅で相当飲んだが、本日も快調にビールとレモンサワーを空けていく。


試合は楽天が2点入れ、西武が逆転し、さらに楽天が追い上げるドラマチックな展開。


その頃には点が入る度に僕はおっさんと数度のハイタッチを交わしていた。


座って観戦していた娘も最後は立って応援。
しかも応援歌を歌っている。(僕らだって知らないのに)


最後は楽天の逆転勝ち。大喜びで周囲は一体となる。
僕はおっさんに「お父さん!東北の人?僕は(母親の実家が)仙台です!」と聞きおっさんは「青森の出身です!今度仙台まで応援に行きます!」とか会話を交わした。

奥さんは奥さんでおっさんの娘に「お父さんを大事にしてね!」と訳のわからないことを言っていた。

東北楽天
写真の一番手前が奥さん。
黄色の服でブレているのが日記に出てくる女の子。