読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・全日本ブログ

5年の歳月を忘れたことにしてひっそりと再開

ドンムアン空港から地獄寺ワットパイロンウアまでタクシーチャーターして2000バーツ

2016年8月、タイのドンムアン空港に到着した我々はタクシーをチャーターしワットパイロンウアという寺、通称地獄寺に向かった。

その際のルートや時間、相場感の紹介。

 

混雑するドンムアン空港のタクシー乗り場の行列に並び、受付の女性にチャーターを申し出るも、我々の度胸ベースで話す英語では意思の疎通に難儀し、直接運転手と交渉してくれと丸投げされる。

現れたタクシー運転手にiPhoneトリップアドバイザーのワットパイロンウアを見せながら「チャーター、サイトシーイング2アワー、アンド ゴートゥー BTSチャトゥチャックステーション」など英単語剥き出しでぶつけたところ2000バーツを要求された。

事前のネット情報で同じ値段で交渉決定してた人がいたので、我々3人もOKを出す。

 

なお、チャトゥチャック駅はワットパイロンウアからバンコク市内に一番近いBTSの末端の駅。市内中心までタクシーで行くと夕方の渋滞に巻き込まれてしまうためにそこにした。

しかし、結局それなりに渋滞にハマってしまったので移動時間短縮の効果は薄かった…

  

ドンムアン空港からワットパイロンウアまではおよそ1時間。

寺の敷地はおそらく東京ドームほどの広大さなのだけど、その一角に学校の校庭ほどの地獄コーナーがある。

寺全体を見るにしても2時間あれば十分だと思う。僕らは結局1.5時間ほどの滞在だった。

 

地獄寺

入るとコンクリート製の残虐超人達による超人オリンピックが開催されている。

 

彫刻超人は全体的に統一感に欠け、そのちぐはぐな違和感が不気味さを増している。それぞれ作った年代や作成者が異なるのだろう。

 

空港からワットパイロンウア到着まで、頭痛がするほど暑く、道中、一眼レフカメラを持ち歩いていることに「何でこんなもの持ってきたんだろ、写真なんてiPhoneで十分やろ…」と後悔してたが、寺に入ってからは写真を撮るのが面白くて仕方なかった。

 

DV妻

f:id:KMJ2000:20160805140207j:plain

DV夫

f:id:KMJ2000:20160805140226j:plain

さあ、どうしよう?という顔。しかし虎もワニも意外と平和な顔をしている。

f:id:KMJ2000:20160805140441j:plain

①ドヤ顔で大量の便を出力する男性と、便を掴まされる若者

f:id:KMJ2000:20160805140522j:plain

②なぜ便を掴むのか、彼の表情は非常に不服だ

f:id:KMJ2000:20160805140543j:plain

 

地獄コーナー

以上の写真は本堂近くの比較的平和なゾーンにある彫刻で、首根っこを掴んだ鬼から先がメインの地獄コーナー入り口になる。

f:id:KMJ2000:20160805141958j:plain

まだ何らかの新作が作られているようだ。

f:id:KMJ2000:20160805141920j:plain

旧作は以下となる。

f:id:KMJ2000:20160805142409j:plain

f:id:KMJ2000:20160805142428j:plain

f:id:KMJ2000:20160805142448j:plain

f:id:KMJ2000:20160805142502j:plain

f:id:KMJ2000:20160805142538j:plain

f:id:KMJ2000:20160805142817j:plain

f:id:KMJ2000:20160805142921j:plain

ベルセルクの蝕っぽいと思った。

f:id:KMJ2000:20160805143120j:plain

f:id:KMJ2000:20160805143237j:plain

f:id:KMJ2000:20160805143307j:plain

f:id:KMJ2000:20160805143342j:plain

f:id:KMJ2000:20160805143735j:plain

f:id:KMJ2000:20160805143834j:plain

この2人はかなり巨大。陰部からして男女らしい。

f:id:KMJ2000:20160805144059j:plain

f:id:KMJ2000:20160805144225j:plain

古谷実の漫画、「ゲレクシス」に出てくるキャラクターみたい。

f:id:KMJ2000:20160805144438j:plain残虐な犬の写真ですが、このあと可愛い犬の写真もあります。

f:id:KMJ2000:20160805144929j:plain

陰部にちゃんとスジを入れているという、ベストセクシー賞でした。

f:id:KMJ2000:20160805145049j:plain

なかもう殺られるものも人じゃなくなって黄金伝説に近い。

f:id:KMJ2000:20160805145220j:plain

f:id:KMJ2000:20160805145313j:plain

f:id:KMJ2000:20160805145328j:plain

 

回転式アトラクション

錆びついた音と共に、いびつに旗が回り続ける。

f:id:KMJ2000:20160805144731j:plain

 

 

youtu.be

 地獄コーナー外

市場がありました。発酵食品らしく、スメルがきつい。

f:id:KMJ2000:20160805150127j:plain

f:id:KMJ2000:20160805150204j:plain

以下、タイのお寺らしい牧歌的光景。

f:id:KMJ2000:20160805140800j:plain

f:id:KMJ2000:20160805152505j:plain

おそらく本堂。

f:id:KMJ2000:20160805150635j:plain

客引きみたいなおばさんに連れられて中に入る。最初に器に盛られた大量の1バーツコインを渡され、通路に並ぶ瓶に1枚ずつ入れていく。

並んだ瓶の合計は108個。意外にも渡された1バーツコインは瓶と同じ108枚ちょうどらしく、知らずに(面倒で)1瓶に数枚のコインを入れてたら途中で試合終了になってしまった。

 

お堂ははひんやりして扇風機も有り、休憩にちょうどよかった。

f:id:KMJ2000:20160805151035j:plain

野良犬

東京では中々見ることがない雑種の犬たち。噛まれたら病気とか恐ろしいので近づきたくはないがかわいい。和む。

f:id:KMJ2000:20160805150757j:plain

 

f:id:KMJ2000:20160805152225j:plain

f:id:KMJ2000:20160805152231j:plain

f:id:KMJ2000:20160805172837j:plain

最後にタクシー以外の交通手段について

バスがあります。その情報は他のサイトから調達して下さい。

ただ、ひとつ注意として言えるのは、地獄寺周辺でタクシーを捕まえるのは非常に困難だということ。全然走っていなかった。

バスで行くなら帰りもバスになると思う。