読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・全日本ブログ

5年の歳月を忘れたことにしてひっそりと再開

ミソバンク

銀座といえばアップルストアぐらいしか知らないのですが、友人夫婦に美味しい店があると食事に誘われ我々夫婦はいそいそと出かけました。
三越の前で待ち合わせね!と言われたので待っていたのですが、なかなか現れません。
不安になり電話「もしもし、三越の出入り口にいるんだけど。アップルストアの正面あたりです」と伝えたら、それは銀座松屋というデパートだ、と。
MITSUKOSHI、そして、MATSUYA。そっくりじゃん!Mしか合ってないけど僕は悪くない。


といわけでmisobankというお店に連れて行ってもらいました。
名前の通り味噌料理のお店です。


misobank
misobank
生ビールで乾杯し、まずは3種の味噌で野菜スティックをいただきました。
豚味噌、唐辛子味噌、カニ味噌です。ちなみにカニ味噌はいわゆるカニの内臓的なアレではなくカニと味噌が混じったものでした。
僕が選んだ唐辛子味噌が注文当初不評でしたが、食べてみたら一番おいしかったです。普通で。


misobank
味噌カツです。
昔、奥さんが好きなバンド(再結成したFishmans)の東京公演ライブチケットが取れなかったので、わざわざ名古屋公演まで見に行ったことを思い出します。
きっと奥さんは子供のころから数々のシチュエーションで「その情熱を勉強に向けてくれれば・・・」と言われ続けたことでしょう。


misobank
味噌チーズフォンジュ。フォンジュ?フォンデュ?
おじさんわかんないよ。


misobank
ホタテとエリンギの味噌炒め。
4人で食べようとしたら小さかったので夫婦で1つずつ頼みなおす・・・


misobank
味噌おでん。赤い玉はなんとトマトです。
特に味噌味が染み込んでいないところがビックリ。
なんで入ってんの?と思いますがマズいわけではないです。フォローになってませんが。

misobank
いい加減酔ってブレてるんですけど、味噌ビールです。
意外とすっきり。味噌味はしませんでした。


こんな感じでがっつり頂きました。
なんだか色々書いてますが、料理はみんな美味しかったですよ。
健康にもきっといいことでしょう。

チャクラ


jku0062s_l

Image133


僕がチャクラという単語を知ったのは仏教オカルト漫画の孔雀王でした。三上博が主演で映画にもなりましたね。
確か人間に潜むパワーの源みたいなモノで、チャクラを回すことで神秘的なパワーが飛び出すみたいな感じだったかしら。

中学生のあのころ、僕はオカルトにハマってしまい、道で勧誘している新興宗教の方におたくの神様ってどんなの?と真面目に問い詰めたり、五感を研ぎ澄ます呼吸法などを実践する危ない少年でした。しかし、おチャクラの回し方はついぞ判りませんでした。

それから20年、ヨガブームと共に今や女性ファッション誌にチャクラの回し方が載ってしまうとは。
しかも色気チャクラ。そんなんで鬼が倒せるのか、と。